ACTION -佐々木無宇の日々徒然ブログ-

ゲームやらプロ野球やら同人やらを気の向くままに。

07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

ムーパラとゲームショウ 

都産貿で海外実写映画&テレビオンリー即売会なるものがあることを知り、洋画スキー杉浦さんに声がけして行ってみたが・・・。
http://ketto.com/mp/framepage1.htm

むう、妻曰く「RPS(REAL PERSON SLASH・実在人物やおい)だよきっと、やめときなよ~」の言葉通りのイベントであった。辛うじてロードオブザリングのロケ地訪問本を見つけて体裁を保ったものの、何とも気まずい感じに。杉浦さんスミマセン。

杉浦さんと別れて、こちらはゲームショウへ。新規情報は掴んでしまっているので、出物の確認へ。
バンナムの拡大と、コナミの衰退が印象的だった。コナミのステージイベントがフィットネスで、来場者がぐったりしてた。ソリッドスネークの退場と共に、コナミもゲーム業界から退場するかもしれないなあ。

バンナムはバンプレと一緒にブース展開していたこともあり、規模はとにかくでかい。上手く時代の波に乗っている感じだ。

セガは色々もがいている模様。ヴァルキュリアは画面作りはいい感じだが、きちんとプロパガンダのある戦争物を作れるかどうか。ここまで力のある画を作れたのだから、中身も重みを出して欲しい。重さのない戦争という点では、10年前にサクラ大戦2でがっかりしたわけだが、あれからゲームは進化したかどうか。相変わらずラノベ止まりだとちと寂しい。

SCEはソニーの考えるゲームの画面作りが徹底していて興味深い。デザインセンスに満ち、リアルかつ暖かみのある存在感。その主張はよくわかるのだが、いかんせん売れないので、単なるいち流派にしかなってない。ハードの方向性を体現するのは任天堂と一緒だが、売上でその方向性を強制できない辺りがSCEの辛さだろう。これでは360のマルチは増えていくばかりだろうなあ。

導線もきちんと確保されていて、そこまで押し合いへし合いしてる印象はなかった。今日はマリスタで海牛戦があったりして、帰りは更に混雑が予想されたので慌てて帰還中。

△page top

« 近鉄絵描画中
マリスタ観戦中 »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

トラックバック

トラックバックURL
→http://sasakimuu.blog21.fc2.com/tb.php/610-d31c95f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top