ACTION -佐々木無宇の日々徒然ブログ-

ゲームやらプロ野球やら同人やらを気の向くままに。

06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

ベネチア滞在1日目 

寝たり起きたりを繰り返し、朝7時半くらいになったところで諦めて起床する。
今日の目的としては、前回の旅行の際にやり損ねた、サンマルコ寺院の鐘楼に上ること、ARIAのDVDにあったオリジナルエピソード「不幸の石」を探すことだ。
あまりに早く動き始めてしまったため、まだ8時過ぎではサンマルコ寺院の鐘楼は開いていなかった。
まずは「不幸の石」を探す旅に出る。
目的地のヒントは市民病院付近の教会、ということで市民病院に向かうことにするが、何せ解りづらいのでリアルト橋まで出て、そこから運河沿いに北上。サンティ・アポストリ教会まで行き、そこから北東に教会をあちこち巡りながら市民病院に向かう、という計画だ。

昨日も寒かったが、今日も寒い。息が白い。
しかも物凄い霧が出てる。有効視界70メートルくらい?
あちこちにアクア・アルタ対策用の渡し板がでていたり。
秋口から冬のヴェネチアはこんな姿になるのだな。
観光シーズンではないので、観光客が少ないのもいい感じ。

アポストリ教会に到着。次のランドマークを探していたら、通勤途上の(?)現地のおねーさん(?)が、フォンドメンタ海岸の美しさ、サンタマリア・デイ・ミラコーリ教会の良さを僕らにこんこんと語って去っていった。彼女の助言に基づき、移動を開始する。ミラコーリ教会は確かに美しい教会であった。この教会に続くサン・カンチアーノ教会の正面の通りに、「不幸の石」はあった。ものすごい偶然の発見。そこに続く通りの薬局など、画面に出てきた通りの場所だった。学生が大量に歩いていて、ほとんどは気にも留めずに歩いていたが、地元の人とおぼしき人は、きちんと避けて通っていた。

市民病院着。正面にはサンティ・ジョバンニ・パオロ寺院というかなり大きな寺院があったので入ってみる。13世紀に建てられたという威厳のあるパンテオンであるが、英語による解説も少なく、持参したガイドブックの知識が頼りという、ちょっと情けない状態だった。無念。

ここから病院沿いに歩いてフォンドメンタ海岸に出るが、まー霧だらけで全く何も見えないこと。晴れた日にはミケーレ島が見えるはずなのだが全くなにも見えず。
今はまだ11時前。とりあえずサンマルコ広場に戻り、鐘楼に上ることにした。
サン・ロレンツォ教会、サン・ジオルジョ鐘楼(有名な傾いている鐘楼)を抜け、スキアヴォーニ海岸に到着。サンマルコ広場に向かう途中、ダニエリに入ろうか躊躇するが、今日は勇気が出ずスルー。
ためいき橋が見える橋に人が集まっているので見てみると、ためいき橋の周囲がランチャの新車広告スペースとなっていて、一面パネルだらけ。何か変な感じだった。

今回建物の修理が凄く多い。サンマルコ寺院も修復中だし、大鐘楼も地盤修復中。サン・ジョルジオ大聖堂も工事してた。工事してるだけならまだいいのだが、工事費を負担している代わりに広告を出すということになっているのか、車とか時計とかのでかい広告が、サンマルコ広場にでかでかとあって、かなり違和感。灯里ちゃんが見たらなんと思うだろうか。まあ大鐘楼も遠くから見ると、結構傾いていて不安なんだけど。

荷物を一度ホテルに置いて、昼食を食べに出撃。
近くにマクドナルドがあったので、イタリアのマクドも乙かも、と思い入ってみるがえらく混んでる。仕方なく空くまで、鐘楼に上ることにする。8ユーロ。眺めは確かにいいですな。ただ霧のためにアルプスは見えなかったり、見通しはあまり良くない。
さらに開館時間も15時45分までらしい。早く来ておいて正解だった。

鐘楼下りて食事に、と思ったところ、サンマルコ大通り角のレストランで呼び止められて食事。日本語メニュー完備で複雑な気分だが、便利は便利。ピザとパスタを一品ずつ頼み、白ワインを1ボトル頼むがこれが裏目。妻と僕、二人ともぐでんぐでんになってしまい、散歩継続不能に。仕方なくホテルに戻り、少し休むつもりが起きたらもう6時。しまった、5時間ほど寝てしまったのか・・・。

気を取り直して出撃。リアルト橋付近でお土産を探そうということにする。妻はクッキーを購入。でも19時くらいになると、閉まってしまう店が大半。
そこで8月に買った「ヴェネツィア~カフェ&バーカロでめぐる、12の迷宮路地散歩」を見直し、この辺にある旨い店を探す。リアルト橋近くの「リアルト・ノヴォ」に行ってみる事にした。あんまり混んでないのは、観光シーズンではないから?
英語もあまり通じず、メニュー決めにも一苦労だったが、妻はペンネ、僕はロブスターパスタを食べる。旨いがちょっと塩辛い?
店を出る際に、「ヴェネツィア~カフェ&バーカロでめぐる、12の迷宮路地散歩」を店の人に出して、この本を見てここに来た旨を話すと、店長が同じ本を出してきて笑顔。献本はやってるんだな。店の紹介パートに店長のサインを入れてもらい、店の名刺をもらい、握手。コミュニケーション成立の一瞬だった。店の紹介写真に写っていたのは店長ではなく、友人というのはちょっとびっくりだったが。


気がつくともう10時。寝過ぎたのは勿体なかったが、疲れもあっただろう。明日は何しようかな。

テーマ: イタリア

ジャンル: 海外情報

△page top

« ベネチア滞在2日目
今日からベネチアへレッツゴー »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

トラックバック

トラックバックURL
→http://sasakimuu.blog21.fc2.com/tb.php/58-0bafff20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。