ACTION -佐々木無宇の日々徒然ブログ-

ゲームやらプロ野球やら同人やらを気の向くままに。

08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

クローバーフィールド見てきた 

元々気にはなっていたのだが、キャプテン・ラヴ岡野氏が熱い所感を綴っておられたので、映画の日を狙って見に行ってきた。

妻と一緒に見に行ったのだが、怖い映画ダメな妻は、スウィーニートッドに引き続き(ベクトルは違えど)怖い映画に連れてこられてしまったことに猛反発。映画終わった後、しばらく叱られた。茶店で一服したら落ち着いて内容について語れるようになったのだが。一緒に行く映画の選定は難しいのう。

NYに怪獣(としておこう)が現れ、NYがパニックになる、という虚構を、出来る限り日常感覚としてリアル(と感じてしまう)ように描いた映画。主観画面で事件を追っかけ続けた記録(風)映画としてみるとものすごい。怪獣が現れ、軍隊が出動し、火事場泥棒が電気屋を襲う。怪獣はどこから出てくるかわからないし、軍隊の圧倒的火力と怪獣の圧倒的攻撃力のぶつかりあいも説得力がある。

それだけに、以下の点がちょっと気になった。
ネタバレになるので、関心のある方は要注意。

・ちっこいエイリアン風の怪獣はどうなの?
 ゴジラと違って、怪光線とかそういうのを怪獣は出さない。声がでかくて制御のきかないでかい物量の物がある時は高速に、ある時は鈍重にNYを練り歩く。この圧倒的な物量の物が街を蹂躙する、軍隊を蹂躙するってのがとにかく肝なわけなので。ちっこいエイリアン風の奴は光線の代わりなんだろうけど、こいつだけが切り離されてトラップ的な使われ方をされるケースがある。こうなると「単独の怪獣」ではなく「エイリアンチーム」と闘っていることになり、やや散漫な感じになってしまうなあ、と感じた。

・さっきまで虫の息だった彼女が猛ダッシュ
 主役の向こう見ずナイスガイ君の彼女がアパートに取り残されて虫の息。彼女を助けに行かなきゃ!と、怪獣のいる方に突っ込んでいく郷秀樹ばりの行動が展開されるが、見つけた彼女の左肩には深々と鉄骨が・・・。ああ、可哀相に、もうここで・・・と思ったら助け出され、肩車でなんとかビルから脱出したはずなのに、ヘリに乗り込め!と軍隊のオヤジにせかされると、向こう見ず君よりも速い速度で猛ダッシュ。オイオイ、ガレキの下に閉じこめられていたんじゃないのかよ!骨折とかしてないのか!愛情物語を描きたかったのだろうけど、ちょっと気をつけて欲しいなあ。

・途中からビデオカメラの画なのか疑問に
 主観映像であることを強調するために、ずっと画面上にはビデオカメラのテロップ(日付と時間)が出続ける。が、途中からスパッとなくなってしまう。操作の都合そうなった(という演出?)のか、意図的な物であるのか。でも依然として主観(ホームビデオ)画面として話は続く。この辺の意図がよくわからなかったなあ。

 まあこんなところか。どこかの誰かが録った記録映像をずっと流し続けるという形で話は進む。上記のような点がやや気になったが、怪獣映画としては
大変すばらしい。ゴジラが失った(というより最近は指向すらしていない)「パニック映画」感が横溢している。色々ターニングポイントになりそうな映画なので、未見の方は是非。

 それにしても観客、おっさんが多かったなあ。女性少なかった。

△page top

« 明日は都産祭
招待券で負け試合 »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

トラックバック

トラックバックURL
→http://sasakimuu.blog21.fc2.com/tb.php/439-37d12f22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。