ACTION -佐々木無宇の日々徒然ブログ-

ゲームやらプロ野球やら同人やらを気の向くままに。

04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

東京ドームで楽天戦 

取引先からチケットもらったので観戦中。
来た早々朝井が打ち込まれて逆転されてるし。がんばって!
スポンサーサイト

△page top

地元神奈川のでっかいレトロゲーセン 

http://www.warehouse.co.jp/recruit/tour/kawasaki_sto.html

ゲームレジェンドでらんかさんが読んでいた(と思われる)レトロゲーセン本に載っていた川崎のお店は、取引先の本当にご近所。行くたびに「何だろうあれは」と思っていたのだが、今日取引先に寄った際に、ちょっと時間があったので入ってみた。

奇抜な外装&内装はさておいて、うおー!これは素敵なレトロゲーセンだ!

ざっと見ても
・アフターバーナーII(ミニコックピットタイプ)
・スペースハリアー
・ダライアス
・ガントレット
・アウトラン(以上大型筐体)
・ダーウィン4078
・B-ウィング(!)
・チャンピオンベースボール
・平安京エイリアン(!)
・サイキック5
・ファイナルファイト
・ドルアーガの塔

(印象に残っているのを挙げているので、実際にはもっとあった)

さらにオトメディウスも3台あるし、オトメ連動ストラップはクレーンに入っているし、アイマス(センタータワー健在)とドルアーガオンラインは向かい合わせにあるし、数え切れないほどの大型筐体がある上に、戦場の絆やマジアカは全部別フロアにある・・・な、なんて巨大なゲーセンなんだ!こんなひょっとして横浜、川崎合わせても、ここまで巨大なゲーセンってないんじゃないか?

結構ラインナップもツボを押さえていていい感じ。週末に妻を連れて、もう一度行ってみよう!

△page top

やきゅつくDS続報 

家ではこればっかりやっている。テレビで試合みながらプレイしたりしてる。二元中継だ。

チームも二年目に突入。ブライアントが58本塁打といきなり日本記録更新デビューを果たし、チーム本塁打が200発近かったのに、投手が壊滅して首位と45ゲーム離され最下位。しかも主軸の北川が電撃引退してパニックに陥り、そのまま監督に据えてしまう。

ドラフトで鈴木啓示、中畑、袴田を、ドラフト外で加藤哲郎(自作)獲得。打つことしか判らない監督がさらにカオスに拍車をかけ、今年も開幕から連敗街道まっしぐらだが、イヤー楽しいわ。

因みに品薄になっているらしいので、購入予定の皆様ご注意あれ。

△page top

やっと里崎が帰ってきた 

今日の広島戦から里崎、ピカチュウ、326が帰ってきた。
他の二人は期待半分だが、里崎はやはり存在感が違う。復帰いきなり猛打賞だし。ただやる気のない見逃し三振も健在なのがちょっと。

△page top

やきゅつくDS 

ヘラクレスには目もくれずに買ってきた。やっぱり愉しい。俺の愛したやきゅつくが帰ってきた。
早速オリックスを解体して、ニコと金子と大引と辻と坂口を残す。現実的だがまあしゃあない。と思ったら、外人にブライアントが !最初なんで弱いが、テンポのよさとか昔のままだ。原稿の最強のお供が来た感じ。

△page top

どん底マリーンズで良かった探し 

ああ・・・ズレータが落ちて、シコースキーが1軍に戻ってきてくれたよ・・。
9回不運にも点取られたけど、いいピッチングをしてくれたよ・・・。

ああ、それ以外にはなにもいらない。それが今のマリーンズの幸せ・・・。

これがロッテに染まると言うことなのか・・・。

△page top

コリンズ監督電撃辞任 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080521-00000985-san-spo

ななな、なんだあ?!!
明日から誰が指揮を執るんだあ?!!
草並みの投げっぷりですなあ。

△page top

pixiv 

ポプ半角二次元スレで興味をもったので、pixivに登録してみた。ちょっとだけ知り合い絵師も見つけたので、声掛けしてみたり。

もう何が嬉しいって、会社の人から「見つけたよ」なんて言われたりしないことだな。すっごい気楽。
とりあえず昔の絵引っ張りだして掲載中。
mixiは不純物のないメーラー、pixivは反応のある絵コミュという使い分けが楽しいなあ。

△page top

マリーンズ交流戦ポスター発表 

http://www.marines.co.jp/news/detail/630.html
なんじゃあこりゃあああああぁあぁ。

△page top

本日をもって、30代最後の年齢に 

産まれた日は日曜日だった。
そして30代最後の誕生日も日曜日。
産まれた日には、近鉄のサヨナラ本塁打に代走という珍しい記録が生まれたり、アポロ10号が打ち上げられたり。

30代最後の誕生日には、一体どんなことが起こるのか、起こらないのか。
過去には巨人槇原の、福岡ドームでの完全試合なんてのもあったな。
今日行くマリーンズ戦には、一体何が起こるんだろうか。

追記:
電脳の著名人に祝って頂きました!
■ウィーボさん(京都府)
写真

■トロさんとクロさん(東京都)
写真

△page top

3回表で7-7 

2回表で晋吾が6点取られてノックアウトされた時は、ああまたかと思ったが、その裏にオリックスに多数のエラーが出てマリーンズ逆転。今日のニコはマリーンズの27番目の戦士だなあ。

と思ったら神田が日高に即一発食らって同点に。
試合開始から1時間経過してまだ3回表。
今日は長い試合になりそう。

△page top

本日東京ドーム 

昨日は小林宏之の熱闘にも関わらず、衝撃の逆転負けを喰らったわけで。暴投金澤も悔しさから一皮剥けただろうか。

今日の先発はなるちょ。最近見殺し王子状態だが、せっかく見に行くので、いい投球を期待したい。

△page top

妹からの誕生日プレゼント 

今度の日曜は30代最後の誕生日な訳だが、当日マリンで開催される、対オリックス戦のフィールドウイングシートが妹から贈られる事になった。

ありがとう妹よ。フィールドウイングシートはまだ入った事ないんだわ。

気になるのは天候だけ。楽しんでこよう。

△page top

大阪着 

昼から明石焼。
上司の意見とはいえベタ過ぎ。

△page top

広島出張 

昨日は寒くてお腹が下ってしまい、寝るときまで妻を心配させっぱなしだった。
今日は広島に出張。色々と調子も良くないが、うまく乗り切ろう。

△page top

ぼくらの20年前の思い出が、色とりどりのカードに 

画像使用許諾が出たので情報開示!

写真

5/11に開催される「ゲームレジェンド8」で、毎度お世話になっている、藤原らんかさん主催の「グレート弱小・浅草支部」にて、「ナムコ・レトロゲームキャラクターカードコレクション」が販売されます。
佐々木無宇も1枚寄稿しました。

詳しいことはここを見て貰うとして・・・。

いや、ゲーメスト世代直撃の懐かしいメンツに美しいカード。
先の都産祭のアイマスオンリーでもカードが配布されていたみたいだけど、こっちもなかなかどうして気合いの入った内容だ!

偶然にもリアルナムコミュージアムとか、急にレトロナムコが脚光を浴びる中での登場。これはまさに運命の逸品!と思いたい!自分としては!

是非日曜は綿商会館に足を運んでみてみて~。

△page top

新しい事務所 

うわ、上の階がトライエースだ。

△page top

ゲーセン同窓会 

http://mi-ka-do.net/
別に旧知の仲間が集まった訳ではなく、高校~大学時分に楽しんだゲームに、ほんまとurataniさん、嫁と共に出会いに行ったというわけさ。

遊んでみたゲームは以下の通り。

・オーダイン
・ベラボーマン
・メルヘンメイズ
・メタルホーク

その他、出ていたナムコゲーム

・ギャプラス
・ファイネストアワー
・メトロクロス
・源平討魔伝
・パックランド
・グロブダー
・ドラゴンバスター
・バラデューク
・ドラゴンセイバー
・スプラッターハウス

まあほんまが遊んでいるのを見ていたり、他にもダライアスIIを遊んだりしたので、概ねお腹一杯といったところ。昔のゲームは100円玉ひとつで随分遊べたんだなあと。
このゲーセンに行くのは今回初めてだったのだけど、いい意味で80年代感溢れて良かったです。僕らの背後ではアルカナハート2とか戦国BASARA対戦なんかが盛り上がっていたようですが、気にしません。

その後カラオケを経由し、かつくらで食事。
色々と昔話に花が咲きました。ああ、色々と満足な一日だった。

△page top

ARIA CARNIVAL終了 

都産祭も無事終了。アイマスオンリーやら色々併設でやってて賑やかで楽しかった。開幕時の大雨さえなければ・・・。

嫁の店の方はまあ、ぼちぼち・・・といったところ。
やっぱグッズが中心だと色々難しいなあと思った。
オンリーは特にまんがが必要だよな。
次回は夏コミだけど、是非念願のARIA漫画1本は描こう。

そしてARIA CARNIVALといえば、アフターイベント。
恒例のじゃんけんマッチで景品を獲得する訳で、昨年参加した時は膨大な景品があったにも関わらず、ゲットできたのは韓国語版1冊のみ。
だが今年は違ったぜ。今回の佐々木無宇はまさにじゃんけんの鬼だった。

写真
右・BLADE全プレ(?)のARIAハンカチ&クリップ&ARIA缶。缶が一番貴重なんではないかと。何が出てるか今ひとつ理解せずに勝ち抜けたらお宝だったというもの。
中・ユージンの藍華ちゃんフィギュア。できはまずまずなんだけど、目がきつい。昔スルーしてしまったフィギュアだったな。
左・ドラマCDの特典はがき。最初にゲットしたのはこれだった。

今日は何というか、司会の女性が出すじゃんけんの手が、心に浮かんできたというか、何か見えた感じだった。おお、MMRぽい。

すごい満足して都産貿を後にしたのだが・・・。
浜松町貿易センタービルの1Fでトイレに入ったら、変なおっさんに小便ぶっかけられるというアクシデント!しかも気にせず出て行こうとするもんだから、さすがに怒ったよ。
しかし・・・昨年12月には酔った女性にゲロぶっかけられるし、今回は変なおっさんに小便ぶっかけられて・・・。変な属性がついてしまってないか。それとも都産貿で今日の運を使い切ってしまったか。

色々複雑な思いを抱いて、家路についたのでした・・・。

△page top

都産貿到着 

それにしてもすごい雨だな。だが行列は伸びてゆく。

△page top

明日は都産祭 

明日は都産貿浜松町館で都産祭

今回はアイマスオンリーではなく、妻の手伝いでアリアカーニバル5に参加。参加サークル名は水竜館
よしだまきさんにお手伝い頂いた、DS用シールとWiiリモコン用シールが目玉なのだが、驚きの隠し球(というかオマケ)を携えて参加予定。

明日も天気は悪そうですが、皆様都産貿でお会いしましょう。

△page top

クローバーフィールド見てきた 

元々気にはなっていたのだが、キャプテン・ラヴ岡野氏が熱い所感を綴っておられたので、映画の日を狙って見に行ってきた。

妻と一緒に見に行ったのだが、怖い映画ダメな妻は、スウィーニートッドに引き続き(ベクトルは違えど)怖い映画に連れてこられてしまったことに猛反発。映画終わった後、しばらく叱られた。茶店で一服したら落ち着いて内容について語れるようになったのだが。一緒に行く映画の選定は難しいのう。

NYに怪獣(としておこう)が現れ、NYがパニックになる、という虚構を、出来る限り日常感覚としてリアル(と感じてしまう)ように描いた映画。主観画面で事件を追っかけ続けた記録(風)映画としてみるとものすごい。怪獣が現れ、軍隊が出動し、火事場泥棒が電気屋を襲う。怪獣はどこから出てくるかわからないし、軍隊の圧倒的火力と怪獣の圧倒的攻撃力のぶつかりあいも説得力がある。

それだけに、以下の点がちょっと気になった。
ネタバレになるので、関心のある方は要注意。

・ちっこいエイリアン風の怪獣はどうなの?
 ゴジラと違って、怪光線とかそういうのを怪獣は出さない。声がでかくて制御のきかないでかい物量の物がある時は高速に、ある時は鈍重にNYを練り歩く。この圧倒的な物量の物が街を蹂躙する、軍隊を蹂躙するってのがとにかく肝なわけなので。ちっこいエイリアン風の奴は光線の代わりなんだろうけど、こいつだけが切り離されてトラップ的な使われ方をされるケースがある。こうなると「単独の怪獣」ではなく「エイリアンチーム」と闘っていることになり、やや散漫な感じになってしまうなあ、と感じた。

・さっきまで虫の息だった彼女が猛ダッシュ
 主役の向こう見ずナイスガイ君の彼女がアパートに取り残されて虫の息。彼女を助けに行かなきゃ!と、怪獣のいる方に突っ込んでいく郷秀樹ばりの行動が展開されるが、見つけた彼女の左肩には深々と鉄骨が・・・。ああ、可哀相に、もうここで・・・と思ったら助け出され、肩車でなんとかビルから脱出したはずなのに、ヘリに乗り込め!と軍隊のオヤジにせかされると、向こう見ず君よりも速い速度で猛ダッシュ。オイオイ、ガレキの下に閉じこめられていたんじゃないのかよ!骨折とかしてないのか!愛情物語を描きたかったのだろうけど、ちょっと気をつけて欲しいなあ。

・途中からビデオカメラの画なのか疑問に
 主観映像であることを強調するために、ずっと画面上にはビデオカメラのテロップ(日付と時間)が出続ける。が、途中からスパッとなくなってしまう。操作の都合そうなった(という演出?)のか、意図的な物であるのか。でも依然として主観(ホームビデオ)画面として話は続く。この辺の意図がよくわからなかったなあ。

 まあこんなところか。どこかの誰かが録った記録映像をずっと流し続けるという形で話は進む。上記のような点がやや気になったが、怪獣映画としては
大変すばらしい。ゴジラが失った(というより最近は指向すらしていない)「パニック映画」感が横溢している。色々ターニングポイントになりそうな映画なので、未見の方は是非。

 それにしても観客、おっさんが多かったなあ。女性少なかった。

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。