ACTION -佐々木無宇の日々徒然ブログ-

ゲームやらプロ野球やら同人やらを気の向くままに。

01«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.»03

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

ライブフォーユー 

俺の名は燃P。久々にミクシィで登場だ。
765プロのアイドル達の新しい舞台、ライブフォーユーが遂に登場。
俺も早速、この祭りに参戦って訳だ。

今回は一言で言えば、楽曲から衣装からアクセからとにかくあらゆる材料を集めまくって、音ゲーライブをやるという内容だ。あくまでアイマス本編をやっていることが前提となっているので、ゲーム自体の深さとかそういうことよりも、気軽に楽しめる、遊べるミュージックビデオという感じだ。
昔ビートマニアが出た時もそんな感じだったような気がするのだが、10年経ってそれはアイマスに取って代わった、そんな感じだろうか。

音ゲー部分については、360パッドのキーの堅さとか、ゲージの判定がポップンなんかとは違う感じで、かなり早いタイミングでボタンを押さないといけない感じ。この感じに最初は戸惑ったが、2回目でシンクロ率120%を記録。まあ音ゲー続けて10年の矜恃ってやつだ。

最初考えていたよりはずっと気軽に楽しめていい感じだ。
楽曲も自前で揃えなければいけないので金はかかるが、やりこみ型のゲームではないし、むしろ本体にずっと入っていて、時々立ち上げて気軽に楽しむというのが正直なところだろう。毎月新曲が配信されると言うから、それはそれで楽しみだ。アイマス本編のDLCは後半意地で金を払い続けていたところがあったが、今回はもう少し気楽な気持ちでつきあえる気がする。

驚いたのは全国のPが一斉にDLCに殺到したため、発売日の今日はXBOX LIVEのゲイツポイントの登録、支払いに関する部分が落ちてしまったということだ。どうやら全世界で対応できる金額を超えてしまったということらしい。海外ではAC6の追加コンテンツが高いと悲鳴が上がっているらしいが、日本はその2~3倍の取引が平気で行われているぞ。げに恐ろしきは全国のP諸氏の団結力であることよ。

さて、そのPの一人として、今回は「むうすけP」ではなく「燃P」でライブフォーユーに参戦していこうか。2008年も彼女たちを宜しく頼むよ。今日はアイマスの正月と言うことで。
スポンサーサイト

△page top

 

使わなくなったイベント資材を片づけに、運送会社に行ってきた。
ここにはウチの会社のよその事業部の物が山のように置いてある。
冷蔵庫とかテレビとか洗濯機とか、それこそ山のように。

一ヶ月ぶりに来てみたのだが、話題の渦中の、大量のアレが姿を見せていた。
「もったいないなあ」
「これ、多分廃棄しちゃうんでしょ」
「廃棄するなら、1台くらいもらえないのかなあ」
「保証は多分きかないけどなあ」
そんなことを話ながら、また資材の片づけをしていた。

家に帰って、あそこにあったアレが幾ら位なのか調べてみた。
ところが該当する物がない。

「え・・・・・」

そう、あれは出荷されることもなく、永遠に闇に葬られることになった物達だったのだ。ざっと見ただけで100台近くあった。

「暫く預かってくれって言われてるんだよね」
なじみの運送会社スタッフは言っていたが、その後本当にどうするんだろう。
こういう運命の商品は本当に可哀相。
開梱されず、お店にも置かれない、大量の商品達・・・。

△page top

天翔る歴戦の友達の記憶 

藤原らんかさんの日記に触発され、ついかっとなってヤフオクをポチと。


写真

ユージンから発売されているシューティングゲームヒストリカを買ってみた。
気合いでビットやポッドをつけてて良い案配だ。オプションはちょっと微笑ましいが。

しかし、R9やシルバーホークに比べると、メタリオンってのはちょっとどうなのかなあって。

△page top

ワンフェス追記 

今回のワンフェスは電車が遅れたとか強風がきつかったとか、自分の力ではどうにもならない事が多かったが、いざ会場に着いてみれば、そこはそれ自分では作れないなあと思いつつ、辺り一面物欲の対象になりそうなフィギュアであふれかえっていた。

そんな中、異彩を放っていたのがこれ。

写真

オプションハンターだ。ナリからしてグラ4辺りなのかと思うのだが、実は相当でかい。40センチ以上あった。カブトガニと同じくらいと思っても良いと思うのだが、果たして展示していた人はこれを着色する気はあったのだろうか。下手に出来が良いのだが、これが売れるとも到底思えないのだが。

これを見た後だと、これなんか相当安心できる。


写真

ビッグコアMARK-IV。グラ5中級者になりかけたオレのバイパーを何十機と屠った憎いあんちくしょうだ。最近ではオトメディウスで釘宮ボイスと共に現れたりしているが。

思いついたら続きを書くかも。

△page top

ジョニーが来たなら伝えてよ 

今日からマリーンズファンクラブ向け、オープン戦チケットのネット販売開始。
そんなこところっと忘れていたのだけど、3/15にはマリスタで、マリーンズの元エース、魂の男黒木知宏投手の引退試合があるのだ。

現役続行を訴えて、結局叶わず引退となった黒木。
結果として、球団に引退試合をやってもらえることになって、本当に良かった。
あれだけファンに愛された男が、何のセレモニーも無しだなんて、悲しすぎるし。
それに気づいて大慌ててネット予約にアタックアタックアタック。
何とか内野自由席を3枚確保できた。
初様の引退試合に引き続き、またマリーンズの歴史の1ページを彩った男の最後の晴れ舞台を見られそうで、幸せ。

当日が楽しみだ。

△page top

ワンフェスより帰投中 

やはりみんへる師の作品が頭ひとつ抜けてエロかった。塗りがライトな分、個性が際立つ。今後も岡山とはまた違った個性を追及して欲しいなあ。

嫁に頼まれたARIA関連は、社長関係が大量に展示されていた。

△page top

ワンフェス出発・・・と思ったら 

京浜東北線が沿線火災とかでいきなり上下線不通に。
昼過ぎには運転再開とのことなので、昼飯食べてから出撃しましょうか。

△page top

アイマス道は修羅道と見つけたり 

いよいよ公式にL4Uのマーケットプレイスカタログが掲載されたが、さすがに一発目だけあって数の多いこと。アレンジバージョンも全部追加購入って鬼ですか765プロダクションは。

ネタ系アイテムが少ないのは好感触。ただ全部買うとフルゲイツ2枚必要って~。

△page top

マリーンズFC特典 

数日前に届いたのだけど、ゴールド会員特典はボストンバッグ。昨年末買ってしまったので2個目というのもあるが、すっごい薬品臭い。参った。ようやく匂いは取れてきたようだが…。
通常会員の妻の特典はエアラのマリーンズキャップ。色味もいい感じ。なんかちょっと損した気分。

△page top

玉音放送 

まあ撤退発表あったわけだが、余りに呑気な論調が多くて驚いた。それよりもまず、知り合いの行く末が気にかかるな。

△page top

プラネットアース届いた 

ヤフオクで落としたプラネットアースのブルーレイ版が届いた。
2時間30分収録×4枚と大ボリュームなので、とりあえず1枚だけ視聴。ビットレートについては?なとこもあったが、驚愕のカメラ長回しの多用など、膨大な時間かかったモノだということを理解。
凄い形の鳥とか、本当に地球の生き物なのか、という映像もたくさんあり、解説がわからなくても楽しい。じっくり楽しんでいきましょう。

△page top

ビックでHDDVDが 

早速投げ売りになっとる。
A-300が64800円、A-600が79800円。高級機が半額に。まるで革命でも起きたかのようだ。まあ起きたわけだが、負けた方は辛いなあ。

△page top

大桃鉄祭り 

世那っちさんがうちに遊びに来たがっている、という報を土曜に受け、360大桃鉄大会を開催するという趣旨で栗さん世那っちさん両名が本日ウチにやって来た。このために久々に大掃除をしたよ。

360桃鉄は一回ウチで遊んだものの、そもそも桃鉄で4人対戦なんて本当に久々。4人集まったら10年モード遊ばないと、ということで15年ぶりくらいに4人で10年モードを遊んでみた。

いやー、それにしても360桃鉄は本当に快適だ。
桃鉄はシリーズが長い割に、細かいインターフェイスで荒いところがあった。
特に大きい数字が出た時、「いけるかな?」で確認するのだが、あくまで確認の意味合いから抜けておらず、今回ようやく「いけるかな?」で行ける可能性を確認した場所に、自動で行ってくれる機能がついた。これがあるだけで全然違う。

僕は「X」以来久々の桃鉄なのだが、鬱陶しいミニゲームがほとんど出てこなくて良かった。こっちは一刻も早く次の目的地に向かいたいのに、余計なミニゲーム(しかも長い)を遊ばされると本当にイライラする。

全体的にテンポの良さを上げる方向で作られているので、非常に快適に遊ぶことが出来た。今回4人で遊んだが、時の経つのを忘れるという感覚を、久々に味わった。

今回初登場の地方名産怪物や、オリジナル貧乏神(ハリケーンボンビーはかなりきつかったな・・・)が大暴れし、金額の変動要素も大きいが、カードを戦略的に使うという部分がかなり強化されているので、逆転の要素も大きい。キングボンビーの被害を徳政令カードで相殺、といういつもの戦法にならなかったのは非常に良かった。みんなあんまり桃鉄には慣れていなかった感じだったけど、非常に盛り上がって良かった。

惜しむらくは、360版はかなり売れていないらしいということだ。
こんなに完成度が高いのに、ネット対戦(元々1プレイが長いゲームなので、要らんとは思うのだが)が搭載されてないこと、これをさくまさんがブログで否定的に書いてしまったことなどがネガキャンを引き起こしてしまったことが残念でならない。

エブリパーティは論外としても、360桃鉄、やって損のないできばえ。
みんな買ってやって~。

△page top

HD-DVD撤退の報 

http://www.asahi.com/business/update/0216/TKY200802160217.html
あー、遂に来たか。
こうなることはわかっていたというのに。
そしてこれから恐怖の撤退戦の開始か。
もうX7がどうとか、そういう話ではなくなったな。
これから起こることを考えると、恐ろしくてしょうがないです。

△page top

いよいよLive4youまでカウントダウン開始 

http://www.amazon.co.jp/gp/product/B0011MMJ1O/ref=s9_asin_image_1?pf_rd_m=AN1VRQENFRJN5&pf_rd_s=center-2&pf_rd_r=036J1HPZ45FCGAC8RTSP&pf_rd_t=101&pf_rd_p=70116906&pf_rd_i=489986

CD新シリーズMASTER LIVEシリーズも購入開始。
今年もアイマスにつきあっていくよ!
コロムビアに今年も貢献していくよ!
L4U発売まであと2週間!

△page top

今頃4年前の本の注文が 

「ポップン本まとめて欲しい」という注文が突然来た。定額小為替も送られてきたので、今日発送。

佐々木無宇商店の迷走時期に熱心に作って、迷走に拍車をかけたシリーズではあるものの、絵柄作りをかなり熱心にやったので、今でも好きなシリーズではある。アイマスオンリーでも「買ってた」なんて言われた事もあったしな。

数が読めないシリーズなので、そう頻繁には作れないが、ぷにけとかそういう機会のある時はまた作りたいなあと。

△page top

猫の町・谷中へ 

妻が猫分が足らん、と前からのたまっていたので、思い切って谷中猫街まで足を運んでみる。

イヤー、ききしに勝る猫町っぷり。この辺は中学・高校時代に友人の家によく遊びに行ったものだが、20年ぶり位に来たので懐かしいなあ。

△page top

やきゅつく原点回帰 

春にDS版が登場するという記事がファミ通に。
リアル路線からDCの頃の「受け口二頭身」路線に戻った。

経営や人事が絡む野球ゲームなので、リアル路線だと洒落ですまないシーンが多々ある。怪我とか人員整理とか。そういう事に気付かずシリーズを重ねたセガのセンスの悪さに辟易していたのだが、ようやく気付いてもらえたようだ。まあDSのパワーではリアル路線はキツイと思っただけかもしれないが。

ま、久々に買ってダラッと遊んでみましょう。DSなので原稿やりながら監督できるわけだし。

△page top

インスタントラーメンの店さくら 

リサーチ兼ねて、会社の面々と昼休みに行ってみた。
http://www.akiba-noodle.com/

トロステに紹介されたのが直接のきっかけ。
結構満足度も高くてよかった。トッピングを選べるのもよかったよ。
ラーメン博物館もカレーミュージアムも、買った物をその場で調理してくれるっていうサービスはなかったもんなあ(あったらビジネスモデルが崩れてしまうが)。聞いたら焼きそばもその場で調理してくれるらしい。トッピングの炒め野菜が共通だからできるとのこと。なるほど。

調べてみると、チェーン店として既に6店できているのね。
でも秋葉原のような、あるだけで話題になりそうな場所に店があるのは結構大切なことなのだなと。

△page top

最近のWiiにまつわる憂鬱 

うちにはWii、360、そして最近PS3と、いわゆる次世代機という物がひとそろい揃った。ちょっと前まで360に大いに肩入れしてきたけど、この年末年始はどの機種もそれぞれ見るべきゲームがあったので、どれにもバランスよく肩入れしている状態だ。

3機種ともそれぞれの発売元の意志が反映されていてとても面白い。
Wiiは「ゲーム」という楽しさの間口をどう拡げていくかを、360はOS屋としての得意分野を、PS3はHDテレビに映さなければいけない絵面とは何かを、それぞれ考えて作られている。それぞれがそれぞれの味わいがあるので、お互い比較したりすることにはあんまり意味がないと思っている。日本人とアメリカ人とイタリア人の美人はどれが一番美人かと言っているような物で、どれにも味わいがあるとしか答えようがない。どれも好きになればそれで良いと思うのだ。

さてWiiだが、年末年始でたくさんゲームを仕入れて遊んだはいいが、ちょっと気になることが出始めた。
それはスマブラXの起動問題とか、そんなことではない。
本体内蔵フラッシュメモリのことだ。

Wiiは本体メモリが512MBと、他の2機種に比べて圧倒的に少ない(特にうちはPS3は20MB版を買ったが、買って三日後に200GBに換装したので尚更)。しかもバーチャルコンソールもセーブデータも同一のメモリに保有している。
バーチャルコンソールのデータはスロットにSDカードを入れていると退避ができる(ただしSDカードからの直接起動はできない)が、セーブデータは実はSDカードに逃がせない、というのが結構ある。しかもそういうのに限って、サイズがでかかったりするので困りものなのだ。

目立つところでは「フォーエバーブルー」の67ブロック、「ファミリースキー」の81ブロック(確か)、そして「スマッシュブラザーズX」の128ブロックだ。
特にスマブラの128ブロックは問題で、これを確保するために、ニンテンドーチャンネルとインターネットチャンネルのセーブデータを全部削除しなければならなかった。他にもバーチャルコンソールの細かいセーブデータもぽつぽつ削った(PCエンジン系のセーブデータは4ブロックなので、PCエンジンのゲームを多くダウンロードすると、セーブデータは意外と大きくなってしまう)。

もう僕のWiiには、セーブデータ領域がかなり少なくなっている。

特にお天気チャンネル以外のチャンネル系サービスが不要と考えているのだが、提供されているサービスの類が少ないので、どうも削るに削れない。投票チャンネルとか全く使ってないし、インターネットチャンネルも同様だ。ただインターネットチャンネルのように、現在有料になってしまったサービスなどは、使わないと思っていても、どうも捨てきれない。

むう、このままではWiiWareの配信が始まっても、セーブできる領域が全く存在しないということになりかねない。どうしたものかなあ。
とりあえず投票チャンネルを捨てるか。

コピーの問題とか色々あるかもしれないが、任天堂にはSDカードからの直接起動を早く許可して頂きたい物だ。でないと、もううちのWiiのフラッシュメモリはパンク寸前なのだからして。

テーマ: Wii(ウィー)総合

ジャンル: ゲーム

△page top

大雪でも仕事 

今月中旬から流すCMの本編集立ち会いのために、外苑前の編スタに移動中。大雪なのになんてこった。

密閉型ヘッドホンが耳あてがわり。

△page top

スマッシュブラザーズX 

丸一時間ネット観戦して過ごす。楽しい。遂に遊ばなくてもいいゲームがWiiに登場だよ!

とにかく驚愕のボリューム。満漢全席バイキング状態。ちょっと触っただけでお腹いっぱいだあ。

内蔵セーブデータが巨大で、ニンテンドーチャンネルとかOperaのセーブデータを削りまくる。フォーエバーブルーみたいにSDカードにデータ退避できない仕様があるのはおかしいぞ。

△page top

1月31日に買ったもの 

スマブラXはAmazon購入なので一日遅れ。ファミリースキーを買ってみたよ。

このゲーム音響がいいんだ。もう10年位スキーやってないけど、スキー場でかかっている音楽ってこんな感じだよ!という臨場感。スキー場DJとか迷子案内とか、すっごくそれっぽい。この音響でユーミンがオリジナルでかかるから、そりゃあ満足だわな。全体的な空気が80年代風だが、だからこそ「ファミリースキー」なんだろう。「1080」とか、ここ数年出ていた格好いいスノボゲームとは真逆の方向性だが、臨場感はピカイチだ。バランスwiiボードがあるともっと楽しい。これはwiiというゲーム機の方向性にぴったりはまっているんじゃないかなあ。発売時期が最悪だったが。

一緒に「クロニクルオブダンジョンメーカー2」が、ワゴンで1980円で売っていたので保護。杉浦さん普及用にどうですか。ビック狙い目ですよ。

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。