ACTION -佐々木無宇の日々徒然ブログ-

ゲームやらプロ野球やら同人やらを気の向くままに。

12«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

そして限定版がやって来た 

ヤフオクで落札した、アイマス限定版(ソフト除く)が届いた。

うん、ゼノサーガ限定版※の時よりダメージは少ないよ。今回ゲームは遊んでいるし。
※モッコスではないです。その前の奴。
スポンサーサイト

△page top

アイマス限定版 

ヤフオクで値崩れを起こしまくっているアイマス限定版。25000円以上ついた物件はことごとくスルーで、大幅に値びいたとこから始まって、最終的に元値に近づくというのがパターンのようだ。転売屋の方も大変だ。

そんな中、ソフトなしで、限定版特典部分だけ売る、というのも散見しだした。中には全部バラ売りしてる、というのもある。

アイマスはやる気たっぷりの360ソフト郡の中で、いい意味で力の抜けたゲーム。妻と二人で芸能界に足を踏み入れた娘を応援している気分だ。プリメのいち分岐をクローズアップしてる感覚というか。

プレイするうちに、やっぱり限定版欲しいなあということで、今回のソフト欠品限定版を落札してみた。少々遠回りになったが、まあよかったのではないか。

△page top

カレーミュージアムで食事中 

激混みでびっくり。皆大手サークル状態。

やはり終了がアナウンスされたのは大きかったようだ。

△page top

360のゆうべ 

傷心の本間を元気づけるべく家に呼んだ。
奴は廃虚の中でローカストをぶち殺したりぶち殺されたりして、大変満足して帰ったようだ。
よかった。

戦場は人生の嫌な事をわずかでも忘れさせてくれる。

△page top

戦士の古傷・その後 

医者に行ってきて、手術する程ではない、悪くなりそうになったら適宜薬を付けて、ということだった。よかった。

内臓カメラは又の機会に。

△page top

Wiiバーチャルコンソール最新配信タイトル 

http://www.nintendo.co.jp/wii/vc/index.html

1/30にコミックスゾーンの配信キター!
これで店頭販売価格の急落が起こるのかー!

△page top

Wiiニュースチャンネル開始 

ニュース流し見とか結構面白い。地球儀の連動もいい感じ。
ただ車メーカーの「メルセデス」と、南米の「メルセデス市」を間違えて表示するなど、まだ完全でもないのね。

△page top

アイドル志望 

随分と昔、中学受験予備校でバイトしていた頃のこと。
5年生の子で、子役をやっている子がいた。
ま、男の子だったんだが。

お母さんが熱心な人で、映画とかテレビとか、色々な所に売り込みをかけていたらしい。
でも中学受験予備校に通わせていたわけだから、母親なりに勉強の心配もしていたんだろう。
その子自体は元気な子ではあったが、そんなに成績悪いクラスだったわけでなく、かといって成績トップクラスというわけでもなかった。まあ中の上といったところか。

本人的には、結構複雑だったようだ。
中学受験予備校にも行ってるし、芸能界でも忙しい。
母さん熱心なんだけどさ、と、ぽつりと呟いたことがあった。
まあ彼も良い子、だったんだろうな。
今日現在、彼とおぼしき人物をテレビや映画で見ないので、どこかで折り合いをつけたんだろうけど。

XBOX360版アイドルマスターをプレイしていて、ふと彼のことを思い出した。
遠い遠い昔のお話し。

テーマ: アイドルマスター

ジャンル: ゲーム

△page top

アイドルユニット名は 

今は亡き球団からインスパイアし、「猛牛娘」に決定!
略してモウ娘!

△page top

ネズミ王国より 

寒い中野外ステージイベントを見まくる。ステージ中心に見たことがなかったので、クオリティの高さに驚く。小さいステージにも手を抜かないなあ。

△page top

アイマス到着 

何故か金曜の朝に到着する始末。
今日は代休だが外出するため、ほんの一瞬だけプレイして外出。
やはりやよいちゃんはいい娘だ。

これからネズミの国へ。

△page top

アイマス発売 

今日は迷宮帰りのプロデューサーとか、戦場帰りのプロデューサーがたくさんいそうだ。

でも僕もちょっと、ニューヨークの裏社会で自分プロデュースに興味ありですよ高岡さん。

△page top

深夜にメイドインワリオ 

全然先に進めてなかったのでちょっと踊ってみたw

前からすい臓について状態に疑問をもっていたが、お作法「大威張り」でフラフープをやったらこの部分に影響が。

フラフープはやっぱ腸捻転になりますかどうですか。

△page top

DS用カードスキャナー 

http://plusd.itmedia.co.jp/games/articles/0701/23/news036.html

ああ、これがあればもうちょっとお気楽にアヴァロンなんかが実現できるわけですね!発売元はコナミですが。
それにしてもDSは愉快オプションが色々出てくるなあ。
1400万台売れてると色んな事があるなあ。

△page top

怖い夢 

最近時々怖い夢を見ることがある。

ゆうべ見た怖い夢。
それは危なそうな会社を支援するために、銀行の金融商品を買いまくるという夢。

あまりにおっかなくて、朝一でネットバンキングを確認しちゃいました。

△page top

回復したので出社 

一応内科に行って、センセの「大丈夫!薬やめよう!」という力強い一言を聞いて出社することに。午後にミーティング二発あるしな。

とはいえ不安もあるので、徹底した防寒対策してでかける。会議室が広くて寒いんだよー。体モコモコ。

△page top

気管支炎 

ずっと風邪が治らないでいたのですが、ここにきて気管支炎になってしまいました。
そんなわけでブログもちょっと滞り気味。
元気になったらまたちょこちょこと書いていきます。
今週はXBOX360「ギアーズ・オブ・ウォー」、DS「世界樹の迷宮」と、活きの良いタイトルが我が家にやってきて、病床にもかかわらず楽しんでおります。

あー早く治れー。

△page top

セカキュー 

おまけCDによると、「世界樹の迷宮」はこう略すらしいよ。

病気とはいえ寝てばかりいると退屈になる。
食事がてら布団を離れてギャズの戦場に出かけたら、途中から咳き込んだり涙が出てきたりしてしんどいので、寝ながらDSをプレイする方向に転換。世界樹の迷宮をマニュアル読まずにプレイし、何度かの試行錯誤を繰り返して、ようやっと軌道に乗った感じ。
スキルポイントの振り分けに関する記述が取説に全然書かれてないので結構迷う。マップを描くことにページを割く(全37ページのうち4ページもあるし)よりも、こっちの方が大切なのに・・・。

バランスもキツめで本当にちょいちょい遊んでいくタイプのゲーム。あー、Wizはまりを重ねた大学時代を思い出すなあ。

△page top

森デビルレイズ解雇 

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/baseball/mlb/headlines/20070120-00000037-jij-spo.html

ウェーバー公示だからメジャー契約破棄と。
アメリカは働けないと分かると厳しいのう。

△page top

絶賛治療中 

気管支炎と真っ向から勝負中。
一日中寝てばっか。まあ横浜は今日初雪が降ったりして、外に出る気分では全くなかったし。
アクエリアスをちびちび飲みながら、熱い布団の中で休んでおります。
あー早く治れー。

△page top

やりこみゲージェットストリームアタック 

昨日我が家にはシャイニングフォースイクサ、ギアーズオブウォー、世界樹の迷宮というやりこみゲー三発が、全て限定版とか特典付とか豪華仕様でやって来た。

しかし気管支炎になってしまったため、主に妻がプレイするイクサを横目で眺めるだけ。世界樹も会社に行く際、往路でプレイしてみたが、復路では有楽町駅でダウンロードした、ピクロス体験版が稼動。ピクロス大好きの妻のためにダウンロードしたとはいえ、当面自分のDSで世界樹が遊べない予感が。

△page top

内科に行ってみたら 

気管支炎だと言われた。
レントゲン撮ってるので確実。
あー、まいりましたなあ。

△page top

風邪が治らん 

とは言っても、鼻水出ないし、咳が残っているだけかと思ったら、何かちょっと悪寒が。

絵描いたりしたいのに、全然体調戻らない。今年の風邪は長いなあ。

△page top

ピニャータがやってきた 

やっとX360のゲーム「あつまれ!ピニャータ」がやってきました。明日には「GEARS OF WAR」が届いてしまうというのに・・・。

何はともあれ遊んでみました。内容は「箱庭成り行きゲーム」というか。箱庭の成り行きを見守るという意味もありますが、因果関係もよく判らないまま、ガンガン事態が変わって行ってしまう、という意味もあります。

庭を整備してたら虫が来て鳥が来て、不動産屋が来て、雑貨屋が来て。気がついてみると、最初の虫の屍が庭の角に転がっていて・・・、と、概ねそんな感じです。ほのぼのした世界観に突然現れる「現実の厳しさ」。向こうの人も「おい森」みたいなものを作ってみたかったのかもしれませんが、こういうの入れちゃうんだ。文化の違いを感じますなあ。

気になったのは、比較的低年齢にも向けたタイトルにも関わらず、漢字での説明が多いこと。360ユーザは年齢層が高いからいいという意見もあると思いますが、だったらこのタイトルはどういう狙いで発売したのか、理解に苦しみます。マイクロソフト発売なだけに尚更そう感じてしまいます。ゲームはわりといい感じなので、勿体無いです。

△page top

協業するということ 

代休をとって、嫁の故郷である入間にお墓参りにいってきました。
悲しい事件があったのはもう6年も前のことか、と月日の経つ速度の速さにしんみりしてみたり。

さてその帰り、入間市駅前のブックオフで、GCの「スターフォックスアサルト」が手頃な価格で売られていたので、確保して帰りました。
知ってる人は知ってますが、任天堂とナムコのコラボから産まれたゲーム。開発期間が大変長く、最終的にひっそりと発売され、一部の不評を買ったまま、ひっそりと消えていったゲームでした。
スターフォックスはSFC、N64は狂ったように遊び、亜流のアドベンチャー系は揃ってスルーしていました。そういう人多いんじゃないかなあ。

「アサルト」は64からの直系と聞いていたので、シューティング色の強いゲームだろうと踏んでいたので、期待半分、怖さ半分だったのですが・・・。

うーん、確かに評判悪いわけだ。あんま面白くないぞ。
何というか、いつもの任天堂が見せる、凄まじいまでの練り込みっぷりが全く見えない。
配置はしてみたけど、ただそれだけというゲームでした。
愛がない、リスペクトがないというか。

GCではいくつかコラボが実現しています。コラボといっても実は単なる開発委託のような気がしないではないのですが。「マリオパーティ」の任天堂・ハドソン、「SDガンダム」のバンダイ・任天堂(珍しく任天堂が開発請け側)、「F-ZERO GX」の任天堂・セガ、そして「スターフォックス」の任天堂・ナムコというのが代表的な例でしょうか。

特にF-ZEROとスターフォックスは、任天堂の名作シリーズを、大手ゲームメーカーに開発委託したということで話題になりました。けれどもどちらもあんまりいい評価は聞きません。なんかこれまでシリーズと違う、というか。

僕はF-ZEROの方はそんなに悪いとは思っていません。バグ技は残念でしたが、作り手のシリーズへのリスペクトっぷりは凄まじい物がありました。背景とかやりすぎ感が漂っていたと思います。
でもそれは愛故にやりすぎになってしまった物。好きな相手にラブレター1万枚書いてしまったようなもので、端から見ると「1万枚はねえだろう」と言っているような感じです。ですからF-ZEROというとちょっと違うのですが、愛の詰まり方には何も異論はありませんでした。ある意味美しい商品だったと思います。

それに比べてスターフォックスは、あまりにシリーズへの愛がない気がします。
元々ナムコのSF系シューティング(エースコンバットやスターブレード)とスターフォックスの人形劇的世界観のかみ合わせは悪いとは思っていましたが、作っている途中で作り手が白けてしまったのかと。

会社間の協業は難しい物です。特にゲーム制作のように、長い期間一緒にやらなければいけない場合、ボタンを掛け違うと気まずいまま作り続けなければいけません。制作に何があったかは知りませんが、少なくとも、あんまりこのゲームの制作においては、あんまり現場が良い関係を築けなかったんだろうな、と感じてしまいました。

△page top

入間市へ 

嫁のお母さんの命日なので、代休とってお墓参りへ。入間市寒い。

△page top

メガマックの驚異 

まだ食べたわけではないが、口に入れるのも一苦労な感じが期待感を煽る。

佐々木と一緒に働いた奴なら分かると思うが、ビックマック大好きなのだよー。
胸焼けするという友人の日記もあるが、それくらいないと挑戦しがいがないってもんだ。

△page top

睦月のアウトランナーズ 

1/12~14と、幕張メッセで東京オートサロンの展示会説明員対応をしていました。
年末の風邪で喉をやられて以来、すっかり自分の扁桃腺を信用しなくなってしまったのですが、今回幕張メッセのイベントという大変空気の悪い中、口内の湿気を確保するべくのど飴を舐めまくっていました。1日に黒糖のど飴を3本も食べてしまったので、のど飴で糖尿病とか痛風になってしまったらどうしようと、いらぬ心配をしていました。

仕事帰り、今日も「あつまれ!ピニャータ」を横浜駅界隈で探したのですが全滅。
仕方が無く、ワゴンや中古ソフトに狙いを定めていたところ、セガエイジスの「アウトラン」「エイリアンシンドローム」が、2つ合わせて1360円という大変お得な価格で売られていたので買ってみました。
セガエイジスのアウトランはかなり酷評されていたので、どうかな・・・と思っていたのですが・・・。酷評されるに足る代物でした。600円という値段はバーチャルコンソールの「R-TYPE I」と同じ価格ですが、心情的にはまだR-TYPEより高額な気がしています。

アウトランは僕が高校生の時に流行ったゲームで、同時期に登場したコナミのWEC LE MANS24とともにものすごく遊びました。ギアガチャとかはあんまり得意ではありませんでしたが、まあ普通に全コースクリアとかしています。
その後の「ターボアウトラン」「アウトラン2019」「アウトランナーズ」と、どんどんアウトランの名を冠する駄作が出続け、いつしかアウトランはゲーム野郎達の記憶から消されていきます。
ところが2004年に突然「アウトラン2」が登場。Chihiro基盤を使った美しい画面は、まさに記憶の底に眠っていた「アウトラン」の美しい記憶(画面的にもかなり美化されている)をそのままゲーム画面に映し出した傑作です。「2SP」も登場し、僕はXBOXの海外版「アウトラン2006コーストトゥコースト(2SPの家庭版)」を妻があきれるほど遊んでいます。

セガエイジスのアウトランという辛い記憶を消し去るために、久々に黒いXBOXに電源を投入し、「アウトラン2006」をプレイしました。やっぱり本家は面白いなあ!音楽もこっちの方が断然いいぞ!アレンジも!

音楽でつい調子に乗って、セガダイレクトで販売されている「アウトラン20周年BOX」まで買いあさりました。ちょっとやりすぎたか。ピニャータが見つかればそんなことはなかったとは思いましたが、最終的にはピニャータも楽天で注文してしまいました。

△page top

東京オートサロン終了 

のど飴舐めすぎて糖尿病になりそう。今日は早く帰ろう。

△page top

いないよピニャータ 

友人の高岡さんが「ピニャータどこにもねぇよ!」と悲鳴をあげていて、興味が出てきて川崎に行ってみたら自分も悲鳴を上げることになりました。しかも気がつくと、Amazonからも姿を消している始末。意外とプレイした人の評価もよく、隠れた良作だったのか、とやられた気分。オレもまだまだ青いな。

ポップン15のロケテストの様子を見に行ったら、若い衆が長大の列を成していたので、嫌になって帰りました。ポエ子は未確認のままです。

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。