ACTION -佐々木無宇の日々徒然ブログ-

ゲームやらプロ野球やら同人やらを気の向くままに。

09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

王立アフィリア魔法学院に行ってみた 

フリマ→式場見学→アフィリア魔法学院というすごい日曜日。式場見学出発直前にurataniさんから誘われ、見学後に湘南新宿ラインで池袋へ。あわただしー。
嫁とuraさんとほんまと一緒に虎の穴前の雑居ビルへ。風俗ビルの一角はオタのある意味夢の空間でしたよ。株で儲けてこういう店やってみてー、って感じです。早速コミュにも入ってみたり。
とりあえずうちの嫁を常連にして、生徒達に「いらっしゃいませ、お姉さま」と呼ばれるようにしてみたい。
スポンサーサイト

△page top

日本丸公園でフリマ 

嫁の手伝いでフリマ出店中。マターリとした時間が過ぎていく。

△page top

ハロプロイベント 

仕事の関係でハロプロライブを観に新宿厚生年金会館に移動中。途中で寝そう。

△page top

ま、まずいかも、これは 

居間にmac miniが鎮座ましましているせいで、すっかり日が当たらなくなってしまったAGPMAC450。
あんまり調子も良くなかったので、ここらで一気に色々治すか!と夏に知り合いから貰ったG4カード1.4Mを刺して起動してみたら。

MacOSなのに、見たこともない真っ赤なブート画面と
「We are hanging」と出て動作停止してしまうOSX。

うわわわわ、ど、どうしたらいいんだこれは。

△page top

日本一おめでとう 

明日の朝刊に寄せられる、懐かしいロッテOBたちのコメントが楽しみ。金ヤンはなんて言ってくれるかなあ。

△page top

本当に、おめでとう。 

10-1とか10-0とか10-1とか激しいスコアで正直どうなるの!と思ったけど、最後はなかなか締まった試合になった。結構はらはらさせられたとこもあった(サーフがマウンド下ろされて、右腕で扇風機を破壊していたのは驚いたが)のだが、サーフ→小野→藤田→薮田→小林と繋いで、終わってみれば万全の勝利だった。
---
優勝が決まった瞬間、頭によぎったことがあった。
1998年。マリーンズ18連敗。16連敗したとき、マリンスタジアムの選手バスを応援団が取り囲んだ。大概ものを投げたり罵声を浴びせたりするのだが、応援団はただ「俺たちの誇り」を歌い続けたという。
優勝の瞬間。甲子園球場にかすかに(本当は大声援だったのかもしれないが)鳴り響いた「俺たちの誇り」。あの16連敗の日、この歌をマリスタで歌い続けた人たちは、どんな風にこの瞬間を見ていたんだろう。


きっと、すごく嬉しかったんだろうなあ。


千葉ロッテマリーンズ、日本一、おめでとう。
マリーンズを応援してきた全ての人たち、本当に、おめでとう。

テーマ: 千葉ロッテマリーンズ

ジャンル: スポーツ

△page top

ここまでの日本シリーズ 

何かあっという間に王手がかかってしまいました。
しかもとんでもない点差で。三試合でM30ーT2って何。
困った。このままでは伊原時代の西武が出た日シリと同じになってしまうぞ。第6戦のチケットが無駄足にならないといいのだが。

△page top

日本シリーズ第1戦・第2戦 

プレイオフ2ndステージがあまりに激しく、面白かったので、どうも日本シリーズはおまけという感じがしてしょうがない今日この頃。なんかまた交流戦やってますよとか、そんな雰囲気。それは直前までセ・リーグの方が消化試合をやっていたせいで、なんか知らない人がマリーンズの相手をしていますよ、とかそんな感じがどうもしてしまうのよ。
--
しかも第1戦はM10ーT1という激しい点差の上に、濃霧で7回ゲームセットという、前代未聞の展開。当日飲み会に参加しながら携帯で試合経過を追っていたのだけど、途中で「霧?」という展開になってて訳分からなかった。世の中にはおかしな事があるものだ。
第2戦はスンスケが登板と言うことで、99%勝ちだなと思っていたらM10ーT0と、そこまで差が付かなくても良いんじゃないかという展開。寝た子を起こす必要はないが、せめてソフトバンクホークスとの激闘に迫るような試合を甲子園では期待したい。大阪のマリーンズファンはやりにくいとは思うが、頑張って頂きたいものよ。2年前のホークス応援団はかなり可哀相な状態だったが、今回もあんなかんじなんだろうか。

テーマ: 千葉ロッテマリーンズ

ジャンル: スポーツ

△page top

闘え!26人目の応援団 

明日からいよいよ日本シリーズ。
タイミングが悪いのか、売れないと踏まれてしまったのか、マリーンズの優勝記念ムックが全く発売されない状態で日本シリーズ突入。なんだかちょっと寂しい。それによりによって明日の夕方に飲み会を設定してしまったのだ。かなり悩んだのだが、自分の不明を恥じるばかり。せめて明日に備えてHDDレコーダの容量確保くらいは今日のうちにやっておこうか。
---
今日はラリージャパンの休日出勤の代休。
突発的にトップページで展開している「闘え!26人目の応援団」の仕上げを行った。
作品自体は優勝当日に間に合わせた物だが、流れ的にちょっとよろしくないのと、もっと盛り上がった様子を刻み込んでおきたいと、昨夜の間に一気に描き直した。バレンタイン監督のポーズは嫁のアイディアで描いたものだが、ボビーなら熱血になってもああいうポーズをしそうだ。
日本シリーズの展開によっては、また応援団が登場する物と思われる。今のとこギャラリーの整理をしてないので、過去の応援団の活躍(と言っても1ページだけだが)を見ることができなくなっている。スマン。それより冬コミで1冊作れちゃうほど書きためたらどうしよう。勢いによっては充分あり得る。一冊出そうか。それはそれで面白い気がするのだけれども。

△page top

31年目の歓喜 

マリーンズ、本当に本当におめでとう。
昔川崎球場に、よく一緒に見に行った妹にも「おめでとう」という電話をした。
オリオンズファンで、定詰ファンだった妹は、本当に嬉しそうだった。妹に頼まれて、「オリオンズ似顔絵コンテスト」に代打ちでディアズの絵を描いて、妹が賞を貰ってきたこと(ロッテのお菓子詰め合わせ)なんかを懐かしく思い出した。

さあ、次は日本シリーズだ!

△page top

プレイオフ2ndステージ最終戦 

本当に厳しい試合だった。
本当に辛い試合だった。ずっとずっと敗色濃厚だったし。
本当に泣きそうな場面が何度も何度もあった。
しかし、そんな流れを変えてくれたのは、やはりミスターマリーンズ、初芝だった。
今シーズン引退を決めている男が、最後に大仕事を見せてくれた。
ぼてぼての内野安打だったけど、確かに流れを引き寄せ、里崎のタイムリーを産んだ。

そしてその裏、薮田の厳しい場面があった。
追いつかれても決しておかしくない場面だった。
最終回、コバマサが出てきた時、腹をくくるしかないと思った。
でも左手にはパンシロンを握りしめていたけど(本当)。

そして苦しい苦しい時間は、一瞬にして歓喜の瞬間に変わった。
よかった、本当に良かった。
本当に苦しいプレイオフは、僕が見たここ10年の中でも、本当に屈指の名勝負ばかり。
ピッチャーが切れることの無かった試合は、全部2点差以内の大接戦の連続だった。
ソフトバンクホークスは強かった。本当に苦しかった。
そんな苦しさを乗り越えたマリーンズナイン、本当におめでとう、おめでとう。

さて、明日サークルKに第6戦のチケットを受け取りに行かなきゃ。

テーマ: 千葉ロッテマリーンズ

ジャンル: スポーツ

△page top

ナベシン 

金曜にスプキャンのミーティングに行ったら、スタジオでナベシンを見たよ。あまりにアニメそのまんまの姿だったのでちょっとワラタ。

△page top

プレイオフ2ndステージ第4戦 

試合としては結構良い試合だったのだけど(コバヒロもズレータの2発以外は完璧だった)、もう後一歩点が取れず、M2-3SHで敗北。
あー、流れが最悪だー。なんとか明日で決めてくれー。26番目の応援団も応援しているぞ。

テーマ: 千葉ロッテマリーンズ

ジャンル: スポーツ

△page top

プレイオフ2ndステージ第3戦 

・・・・・手ひどいサヨナラ負け。
もう後2アウトだったのに、2アウトだったのにー。マサー。

△page top

プレイオフ2ndステージ第2戦 

赤坂での打ち合わせが18時半に終わり、ダッシュで家に帰ったのだけど、試合展開が早いのなんの!携帯公式をずっと見てもえらい勢い。結局19時半に戻ったら6回だった。で、ちょうどその時マリーンズの追加点が入るというナイスタイミング。
M清水×SH斉藤と、ちょっと今日は負けかなーなんて思って悪かったよ清水。
シーズン終盤戦とは見違えるような気合いの投球。しかしホークスもさすがシーズン1位という見事な戦い。いや、やっぱりプレイオフは試合のレベル高いよ、面白いよ。
そしてM3-2SHでマリーンズの勝利!優勝に王手!というかマジック1というか!
31年ぶりの優勝って、どんなことが起こるんだろう。

△page top

しまったー 

飲み会の案内を出した後に、その日が日本シリーズ初戦だということに後から気付いたよー。

△page top

味噌かつ屋閉店 

東白楽界隈で、昔から贔屓にしていた味噌かつ屋「とんくう」に久々に食べに行こうと思ったら、影も形もなくなっていたよ・・・。

WEBに何か載っていないかと調べてみたら、2ちゃんねるで発見。と言っても2月頃には店主の都合で閉店したとか・・・。
本当においしい味噌かつを食べられる良い店だったのに。残念。

△page top

プレイオフ1stステージ観戦 

気が付くと1ヶ月もブログを放置してしまいました。反省。
やはり日記と同じようにはいきませんな。どうしても構えてしまうというか。
---
ちょっと日も経ってしまってますが、パ・リーグプレイオフ1stステージに行って参りました。しかも第1戦、第2戦両方とも!10/7には嫁とディズニーシーに出かけていったということもあり、正味三日間、京葉線のお世話になりました。しかも三日間天候が不順で、試合自体もやるかどうかギリギリにならないと分からないという状態。でも奇跡的に(!)両日とも雨にならず、試合は敢行されたのでした。マリサポの気合いが天に届いて雨雲を蹴散らしたとでもいいますか。最近雨が降ったり雪が降ったりのコミケとは気合いが違うぜ。
---
初戦は先発M:渡辺俊介 L:松坂大輔、試合の方はM2-1Lでマリーンズの勝利。松坂はシーズン終盤戦、鬼神のような投球を繰り返していたので、正直いやだなあと思っていました。この日は風が終始強く、平均9~10メートルの風がレフト→ホーム方向に吹いていました。その為両投手ともコントロールに四苦八苦しており、どちらも球数が多く完投が当たり前の両投手とも中盤で降板してしまいました。
そんな中、西岡を始めとした好守が光ったマリーンズ、中島を始めとした拙守が目立ってしまったライオンズ。最後には守備力が勝敗を分けました。傍目には地味な試合と映ってしまいがちですが、見所も多く、さすがプレイオフは試合が違う、と思いました。
---
第2戦は先発M:小林宏之 L:西口文也、試合の方はM3-1Lでマリーンズの勝利。西口も中盤調子が良く、なかなか追加点が取れずに焦れていたのですが、それ以上に小林宏之の調子が良すぎました。8回まで9奪三振。無四球で7回まで2安打だけと、ライオンズ手も足も出ない状態。8回に中村剛也の一発で一矢を報いましたが、どうしようもありませんでした。まさに快勝で、マリーンズは2ndステージの地、福岡に向かっていきました。
ライオンズはシーズン終盤戦にカブレラが骨折・リタイアしてしまい、打線の破壊力が一気に減退したのが響きました。3番貝塚じゃあなあ。わからないではないけど。5番フェルナンデスが全く当たってないので、4番和田は勝負を避けられ、フェルナンデス勝負でピンチを切り抜けるというシーンが何度もあり、和田は焦って、自分の打席で大振りを繰り返して自滅していく・・・。という、なんか10年前の西武のような試合をマリーンズは見せてくれました。いったいいつの間にこんなに強いチームになってしまったのかしら。
---
第2戦の勝利が決まった時、ぐるりとマリンスタジアムを眺めてみました。
オリオンズ時代のユニで応援するオールドファン、球場を埋め尽くしたマリサポたち。
川崎時代、よくロッテ×近鉄戦を見に行き、がらがらの球場をよく見ていた僕にとっても、非常に感慨深い光景でした。
12年ほど前。ロッテのユニホームがまだピンクだった頃。ライトスタンドはガラガラで、最前列でひたすら大声を出しているオバちゃんというのが当時の珍プレー・好プレーで流れていました。そのスタンドは今やマリサポで埋め尽くされ、「MARINES IS MY LIFE」の大団幕が掲げられるまでになりました。不幸な時代が長く続いていた球団だけに、この幸せな時間が、空間が少しでも長く続いて欲しい・・・。そう思った瞬間、ボビー・バレンタイン監督は言いました。

「2週間後、この千葉で最高のショーをお見せしたいと思います!」

おっと、そうでしたね。まだ感傷に浸る場合ではないのです。マリーンズの今シーズンの戦いは続いているのですから。
まずは明日から、福岡方面に向かって、念と声援を送り続けましょうか。1回の裏に高々と掲げられた大段幕

テーマ: 千葉ロッテマリーンズ

ジャンル: スポーツ

△page top

プレーオフ第二戦 

幕張に向かって現在移動中。ちょっと遅れて到着予定。
なーんとか千葉も雨があがったようで何より。あと敵は寒さかなあ。
午前中水泳だったので、ちょっと疲れ気味。気合いは周りのマリサポにわけてもらおう。

△page top

さー行くぜプレイオフ 

と思った瞬間、チケットを忘れたり、Suicaを忘れたりで、なかなか東神奈川を出発できない罠。

△page top

東京ディズニーシー 

7日は会社が休みだったので、保険屋のおばちゃんから貰ったチケットでディズニーシーへ。
なぜかどんな乗り物に乗っても最前列になるという巡り合わせ。
インディジョーンズもレイジングスピリッツもエレクトリックレールウェイもみんな先頭。うちの嫁はいつの間にかジェットコースターが苦手になっていて、悲鳴を上げまくっていたよ。

夜は雨が降ってきてしまったので、少し早く撤退。
いや、ディズニーランドはいつ行っても発見があるのう。

△page top

PSPの恥ずかしい話ー 

昨日のこと。
いつものようにヘッドホンをつけて、プリンセスクラウンを列車の中で始めたさ。
二駅くらい経過。
「・・・?なんか音が小さいなあ?」
よく見るとピンプラグがぷらーんぷらーんと・・・。

・・・グラドリエルの戦闘中の喘ぎ声とかが車内に響いていたかと思うと・・・(鬱)
・・・そのまま降車するまで何事もなかったかのようにプレイし続けましたが。

△page top

オリ新監督 

http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=sports&d=20051007&a=20051007-00000002-spn-spo

えーーーーーーーー何それ。全然新鮮み無いというか、全く空気読めてないじゃん宮内ーーー。

これで来年から心おきなく鴎を応援できます。ふぅ。

△page top

池田ワイン城到着 


いきなり観光モード。これから昼食だー。

△page top

ラリージャパン終了 

最後にありえない席に座れたのでポディウム撮りまくり。雑誌写真に写ってるかも。
全体的にほのぼのしたイベントでよかった。結果も出たし。

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。