ACTION -佐々木無宇の日々徒然ブログ-

ゲームやらプロ野球やら同人やらを気の向くままに。

06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

有銘完封 

5安打完封だって!
あの汚い投げ方の有銘が!
出ると炎上の有銘が!
プロ初勝利初完封だと・・・。
ああ、成長ってこういうことを言うのか。
良かったねえ、有銘。
楽天も初の月間勝ち越し。
スポンサーサイト

△page top

押忍!闘え!応援団 

帰宅中にさっそくプレイ。期待に違わぬ、いや、期待を大幅に超える面白さ。
パッケに描かれた外人チアリーダー軍団も気になる。ヘッドホン携行でレッツ応援!これからの展開が楽しみだー。

△page top

神羅万象2 

箱買いする気合いもないので、ちびちびと買い続けている訳ですが、男キャラとつぶらな眼の動物しかでない。SPがだぶっても、クラウディアは姿も見えない。どういうことー。

△page top

腱鞘炎問題 

大学時代、半年間戦うことになり、絵柄まで変えることになってしまった腱鞘炎。ここ数年はコミケ追い込み時期になると右腕に激痛が走る、プチ腱鞘炎がいつもやってくる。絵の精度は下がるし速度は落ちるしといいとこなし。特に今回のように絶望的に時間が無い場合は腱鞘炎が最大の難敵。今からMac版コミスタいれても焼け石に水だし。どうしたものかのう。

△page top

一冊目校了 

スプキャン本が校了。これ以上あれこれ入れ込むの無理。とっとと入稿しちまいましょう。
さて、デモンベインだが・・。どれだけいけるものか・・。

△page top

店舗対応オワタ 

有楽町の大手量販店対応終了。締切前の貴重な10時間をただ声張り上げてつっ立っているだけという、苦業のような一日であった。地震も起こってダイヤもめちゃくちゃだし。本当に厄日とはこの事。

△page top

絶体絶命? 

コミケ追い込み時期に店舗ヘルプ対応という想像もしてない事態が。代休出るものの丸一日立ちっぱなし。8月に追加休みなんかいらんから7月の今休みくれと。
逆境キターって感じか。

△page top

夏コミ進捗状況 

三連休で漸くエンジンかかった感じ。
・八雲剣豪君トコのくじアン本原稿が終了。なんとか形になったかな、と。
・急遽スプキャンラフ本を作ることに。素材的にも先行していて今週完成予定。
・デモンベイン本が圧倒的に遅れとるなあ・・・。表紙もまだ出来てないよう。面白いコンテができてるので、なんとか出さないと。

△page top

代休 

新しい眼鏡を取りに行く。UVカットということで、うっすーくグレーをレンズに入れたら、その筋の人のようになってしまった・・。
Macminiのメモリ増強のために秋葉館へ。ついでにAirmac Extremeを入れてしまおうと思ったら秋葉館では出来ないと言われ、アッブルストア銀座にも問い合わせてみるが、よく分からなくて今日の設置は諦める。
カフェ・メイリッシュで嫁と一服。エマ&シャーリーメイド服の娘さん達はみな可愛かった。ピシッとした身だしなみのメイドさんは見てて気分がいい。この方向性で継続希望。

△page top

めぐたん転生 


新大阪駅で発見。
めぐたんがー!水と空気の妖精さらりあにー!

△page top

オールオアナッシング 

明日から梅田となんばでイベントプロモ。この日のために関西スポーツ新聞に出稿準備してたのに、とある事件で全部パーに。くやしー。

△page top

環境アプリ 

MAC MINI導入後、色々OSXアプリを物色してるのだけど、ししおどしの音を延々再生するアプリと、ひぐらしの鳴き声を流すアプリが出色。組み合わせて再生すると、横浜のマンションがいきなり田舎気分に。この後風鈴再生アプリも登場とのこと。原稿作業に一陣の涼を。

△page top

劇場版逆境ナイン 

日程的に初日に観るしかチャンスがないので、大慌てで観てきた。
川崎東宝シネマズ・19時25分の回だったけど、意外と客が入っていた。笑いどころが共通していたので、島本和彦ファンが多かったと思われます。

話も面白くまとまっていたし、キャスティングもうまく配置されていて(ココリコ田中も悪くなかった)概ねいい感じ(島本和彦臭さがいい意味で緩和されているし)なのだが、以下の点でちと難点が。

・校長の出番が多くなったので、サカキバラゴウの意味合いが弱くなってしまった。結果としてゴウ先生はただの面白い人になってしまってる。
・「先人の言葉」の演出が弱くて、滑ってる。そこが笑いどころなのに、笑えない演出に。
・不屈以外のキャラ立てが弱い。まあ映画なんで仕方ないかと。「女とは追わせるものと見つけたり」が省かれちゃってるし。

 また野球映画に必ずつきまとう問題点なんだけど、全体的に選手役俳優さんの背が小さい。体格的に「この人は野球やってない」とどうしても思ってしまう。特に不屈役の玉山鉄二の背が高くないんだなあ。だから男球を投げるときも動きに迫力がない。どうしようもないんだけど、勿体ない。やはり男球を投げられるに足りる体格は、野茂や松坂でないと駄目というところなのか。

 意外と場内の反応も悪くなかったので、速攻終了ということは多分ないかと。日テレがっぷり四つの映画だしなあ。でもスターウォーズがやってきてしまうので、気になっている方はお早めに観た方が良いかと思います。

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。